新発田城 桜の美景観 (新潟県)

桜満開の新発田城 桜の美しい景観
広告

桜満開の新発田城

新発田城は、別名「あやめ城」とも呼ばれ、初代新発田藩主、溝口秀勝(みぞぐちひでかつ)侯が慶長3年(1598年)に築城し、3代宣直(のぶなお)侯のときに完成しました。

新発田城は政治・経済の中心として交通の便利さを考慮した、平地の平城です。
石垣は「切込はぎ」と呼ばれ、石積みはすき間なくかみ合わせ美観を重視した技法でつくられています。

壁にも特徴があり、北国の城、特有の海鼠壁(なまこかべ)は全国的にも珍しいものです。 春の桜の季節、真冬の雪をすっぽりかぶった様子、四季折々の風情があります。

城の表門前に、すっと立っているのが堀部安兵衛の像。赤穂義士の討ち入りで中心的な役割を果たした安兵衛。その堀部安兵衛像の顔は、遠くの江戸を見つめています。

新発田城はかつて本丸、二の丸、三の丸からなり、堀や石垣に囲まれ、新発田川の水を巡らせた平城で、11棟の櫓と5棟の門が並び壮観な景観を呈していました。中でも、天守閣の代わりを果たしていたのが三階櫓です。3匹の鯱を配するという独特の櫓で、全国にも例がない大変珍しいものです。平成16年には、この三階櫓、辰巳櫓が復元されました。

[出典:しばた市観光協会]

新潟県 新発田城 満開の桜の美景観

 

新発田城の利用案内

 

所在地
新潟県新発田市大手町6丁目
利用ガイド
開門時間 午前9時~午後5時(11月のみ午後4時30分閉門)
開門期間 4月~11月
入場料 無料
交通アクセス
■車でお越しの方
日本海東北自動車道 聖籠新発田I.Cより車で10分
■電車でお越しの方
JR白新線・羽越本線新発田駅より徒歩約20分
■駐車場
100台(無料)

新発田城アクセスMAP

コメント

Scroll Up
タイトルとURLをコピーしました