ブルーダイヤの輝きが人気のネモフィラと空と海が青に染まる美景観「みはらしの丘」国営ひたち海浜公園

国営ひたち海浜公園一面ブルーに染める満開の「ネモフィラ」みはらしの丘 美しい景色の庭園と公園
スポンサーリンク

ブルーダイヤの輝きを感じる「ネモフィラ」の見ごろは4月25日ごろから5月中旬。4月下旬に行くなら遅咲きのチューリップ、ハナモモ、黄色いジュータンを敷き詰めたような菜の花畑にも出会えます。

写真をクリックすると大きく表示できます。国営ひたち海浜公園一面ブルーに染める満開の「ネモフィラ」みはらしの丘4月24日の撮影。
国営ひたち海浜公園一面ブルーに染める満開の「ネモフィラ」みはらしの丘

青い空のブルー・海のブルーその空間に溶け合うネモフィラのブルーが感動の美景観

ネモフィラ満開の姿ネモフィラの丘2

ネモフィラの丘の美景観

 

 

 

国立ひたち海浜公園のエリアは西口ゲートエリアと南口ゲートエリア

四季の花々を楽しむにはそれぞれのシーズンに合わせて管理されています。
花と言えば春が一番楽しみな季節。
国営ひたち海浜公園も春の花は広大な土地に一面に同種・同色を咲かせるよう工夫されているから、とても見ごたえがあります。

ブルーが眩しい「ネモフィラ」みはらしの丘エリア

場所は西口エリアですから、西口駐車場が便利です。園内マップを参照
駐車場から右手の方に行くと翼を広げた西口ゲートが目に飛び込んできます。ここが入口です。
西口ゲート

(要注意)ゲートを内側から見るとこのように見えます。帰りに迷わずたどり着くには、この内側から見る翼を広げた西口ゲートを忘れないでください。道に迷わないように時々方向を確認しながら散策すると良いでしょう。遠くからでも見えます。

西口ゲートをくぐると目の前には巨大な噴水を配した池が広がっています。
西口エリアの池

樹林エリア

左の方へ移動すると樹林エリアが広がっています。
樹林エリアを左に、右側に池を見ながら進むと「みはらしの丘エリア」にいけます。景観を楽しみながら歩いて15分から20分くらいです。

園内の案内表示
園内にはこのような案内表示があって、とても分かりやすいですね。

小さなお子さん連れや足に自信のない人は、園内にこのようなかわいい巡回バス「シーサイドトレイン(園内周遊)」が回っていますから利用されてもいいでしょう。
1周約40分の旅へ。園内10カ所の停留所で乗り降り自由で1日乗り放題。広い園内をシーサイドトレインで満喫しよう!

シーサイドトレイン園内周遊 青色は停留所乗り降り自由

出典:ひたち海浜公園

園内周遊トレイン 団体用

出典:ひたち海浜公園

園内周遊トレインコース案内

出典:ひたち海浜公園

    • シーサイドトレインの料金(1日周遊券)は500円・3歳以上は有料
    • ベビーカー・車いすの方は、折りたたんでご利用頂けます。
    • 車いすの方は、シーサイドトレイン1台につき、車いす1台となりますが、車いすに乗ったままご乗車頂けます。
    • 障がいのある方も有料です。障害者手帳を提示頂ければ、付き添いの方1人分が無料になります。
    • ペット連れでのご利用はご遠慮ください。
    • 団体(20名様以上)の方は割引料金がございます(詳しくは【常陸サンライズパーク TEL:029-265-8185】にお問い合わせください)。
    • 春や秋の行楽シーズンに合わせて、みはらしの丘までの直行便など臨時ルートを運行しております。

出典:国営ひたち海浜公園の案内表示による

シーサイドトレイン(園内周遊)園内をかわいいバスで移動ができる

黄色も鮮やかな菜の花に囲まれた、古民家・里の家エリア

古民家の菜の花畑

旧土肥家住宅は、江戸時代前期と中期に稲敷市下太田の利根川に沿った新田開発に合わせて建てられた東日本では最も古い民家のひとつです。1981年から1982年にかけて解体され、保管されていた部材を用いて2010年に当公園に移築復元しました。
里の家は、水戸市小泉町(旧常澄村)に建っていた民家の部材を一部移築して再現を行い、2008年にオープンしました。

ひたち海浜公園;古民家

 

 

 

 

出典:国営ひたち海浜公園 資料・画像出典:国営ひたち海浜公園

チューリップを楽しみたいなら「たまごの森フラワーガーデン」エリア

ひたち海浜公園チューリップ

画像出典:国営ひたち海浜公園HP

チューリップの写真は私が訪れた日、4月24日撮影です。

松林の中や雑木林の間に色とりどりのチューリップとともに、陽光に映し出されるムスカリの花壇。
光がさすと一層紫色が際立って映える。ムスカリが描く景観は流れる紫の川のようです。感動!の美景観に巡り会いました。

杜のチューリップチューリップの競演

ひたち海浜公園チューリップたまごの森チューリップたまごの森チューリップ

コメント

Scroll Up