菖蒲の花が満開 見ごろの賀茂しょうぶ園 豊橋市花の美景観

賀茂しょうぶ園-豊橋観光コンベンション協会 愛知県/庭園・公園
top画像出典:豊橋市HP
広告
賀茂しょうぶ園-豊橋観光コンベンション協会

top画像出典:豊橋市HP

賀茂しょうぶ園 花の美景観

知人から「賀茂しょうぶ園がきれいです」と教えていただいた。早速出かけました。
広さは約10,000㎡弱東京ドームグランドより少し狭いくらいの広さかな。いずれにしても広大な敷地面積だね。

賀茂しょうぶ園賀茂しょうぶ園は案内によると、加茂神社の敷地と私有地を利用して観光資源として昭和45年(1970年)に開園。今もこの季節になると多くの観光客が訪れています。

 三英咲きハナショウブ 賀茂しょうぶ園江戸系三英咲き 賀茂しょうぶ園

「江戸系三英咲き」と思います。自信が無いのでそのように書きましたが、ここ豊橋市 加茂神社境内にある、「賀茂しょうぶ園」は見事な花がそろっています。

江戸系三英咲き 賀茂しょうぶ園

豊橋市の案内によれば、園内には、江戸系・伊勢系・肥後系の約300種類・37,000株の花しょうぶが植えられ、毎年5月下旬~6月中旬にかけて花しょうぶまつりが開催される。

花しょうぶについて

花しょうぶはアヤメ科の植物で、野生のノハナショウブを原種とする、純国産の園芸植物です。
栽培の起源は明らかにされていませんが、各地に自生するノハナショウブの中から花の色や形に変化のあるものを探し出して栽培が盛んになったのは江戸時代のことで、育成地ごとに独特の系統(江戸系、伊勢系、肥後系)が生まれました
出典・参考:豊橋市広報サイト

江戸系三英咲き 賀茂しょうぶ園江戸系三英咲き 賀茂しょうぶ園

このような種別の看板が立っており、よくわかりますが、花それぞれに微妙な違いがよくわかりません。わたくしだけかもしれませんが。

肥後系六英咲き 賀茂しょうぶ園肥後系六英咲き 賀茂しょうぶ園

訪れたのがやや遅かったこともあり(6月16日)、早咲き、中咲きがほぼ終わって、遅咲きものでした。
次回はもっと早く鑑賞に訪れたいと思います。

賀茂しょうぶ園へのアクセス

公共交通機関ご利用の場合
※まつり期間中は、豊橋駅前(東口)6番のりばより臨時直行バスが運行されます
豊橋駅前発時刻表
(平日)10時00分、11時00分、12時00分、13時30分
(土・日)10時00分、10時30分、11時00分、11時30分、12時00分、12時50分、13時30分、14時40分
しょうぶ園発時刻表
(平日)11時40分、12時40分、14時10分、15時50分
(土・日) 11時10分、11時40分、12時10分、12時40分、13時30分、14時10分、15時20分、15時50分

・所要時間:約40分
・料金(片道):大人630円、小人320円
・往復割引乗車券 大人:1,000円、小人500円(豊橋駅バスセンターにて販売)
豊鉄バスの定期券をお持ちの方(本人)は土、日に限り大人100円、小人50円(片道)にてご利用いただけます。
元気パス・回数券・豊橋市福祉回数券もご利用いただけます。
運行:豊鉄バス
電話番号:0532-44-8410
自動車利用の場合
駐車場有りますが、台数的には20~30台くらいの記憶です。
期間中は、しょうぶ園周辺において交通規制が行われるようです。

豊橋 賀茂しょうぶ園マップ

コメント

Scroll Up
タイトルとURLをコピーしました