文奕無学禅師の生まれた場所、今昔

無学禅師生誕地 現在の廃屋 無学禅師
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

無学禅師が生まれ育った場所

無学少年の生まれは、西暦1819年文政2年江戸時代後期 徳川幕府11代目の時代である。
そのころ山田家は庄屋であったと聞く、少ない農地と紙すきが主な当地神洞村であったようだ。

現在、当地は空き家になり廃屋のみが残っている
無学禅師生誕地 現在の廃屋無学禅師生誕地 現在の廃屋周辺2

 

村が見下ろせる小高い山懐にその建屋はあった。
土地の地形側面略図
土地周辺配置略図

 

廃屋と庭の現状は

家の前庭西側住人が不在になって10余年となり、庭の手入れするにも手が届かずこの様です。

 

 

 

 

 

無学禅師生誕地 雑草刈り取り後無学禅師生誕地 雑草刈り取り後はこのように広々しています。

 

 

 

 

 

裏から見た廃屋の姿は

無学禅師生誕地 屋根瓦の欠落無学禅師生誕地 屋根瓦の欠落

悲しい姿に変わってしまいました。大雪の降った年に庇の強度が耐えられなかったようです。

スポンサーリンク

無学禅師 生誕地 雑草も取り除くと

雑草を刈り取ると適度の住宅地であり、ふさわしい広さの庭とやや伸び放題の植木などが存在する。
庭先には明治時代から存在する柿の木が現在もシーズンを迎えると柿が鈴なりになり楽しみの一つ。

無学禅師生誕地 現在の廃屋無学禅師生誕地 現在の廃屋

無学禅師生誕地 現在の廃屋周辺2無学禅師生誕地 現在の廃屋周辺
無学禅師生誕地 現在の廃屋裏の畑無学禅師生誕地 現在の廃屋裏から

無学禅師生誕地 庭先の植木

無学禅師生誕地 庭先の植木

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました