臨済宗 妙心寺派

スポンサーリンク
無学禅師

文奕無学禅師の生まれた場所、今昔

無学禅師が生まれ育った場所 無学少年の生まれは、西暦1819年文政2年江戸時代後期 徳川幕府11代目の時代である。 そのころ山田家は庄屋であったと聞く、少ない農地と紙すきが主な当地神洞村であったようだ。 現在、当地は空...
無学禅師

「文奕無学禅師(ぶんえきむがくぜんじ」出生とその生涯

樹王軒文奕無学禅師の出生と僧にまつわるエピソード 文奕無学禅師 諱(いみな)は文奕(ぶんえき)字は無学、室号は樹王軒(じゅおうけん)と称する。俗称は関(かん)。 生まれは美濃の国、武儀郡神洞村(現在の岐阜県美濃市かんぼら)山田久兵...
無学禅師

京都妙心寺歴代管長内 樹王軒無学禅師 

京都 臨済宗妙心寺派管長に 京都 臨済宗妙心寺派 久留米市の梅林寺から管長になられた 後、管長を都合3度計16年間歴任し、波乱に満ちた時代の明治を生きた禅宗の僧侶 無学禅師の「無学」の号は明治天皇から頂いたと伝え聞いて...
無学禅師

「廃仏毀釈」から寺を護った無学禅師の経歴とその生涯 その3

「廃仏毀釈」から仏教と寺院を護った禅僧 キリスト教信徒の国教説から守る策として、新しい国には新しい宗教が必要であるとの明治維新政府が国家神道を推進する「神仏分離令」を明治元年(1868)3月発令した。 「神仏分離」政策とは、神社...
無学禅師

樹王軒 無学禅師の書

樹王軒 無学禅師の書 真拳不打きょうめん=「ふりあげたこぶしも微笑む顔はうてない」のこと 物心ついた幼少のころから父親の熱い言葉を幾度も耳にした。言葉の元となった一幅である 「眉間にしわを寄せてばかりいると互いの心が通じ合わな...
無学禅師

京都妙心寺歴代管長内 樹王軒 無学禅師 禅宗臨済宗妙心寺派

西方への行脚・托鉢し修行の旅へ 無学禅師:江戸時代(徳川幕府11代家斉将軍)の後期から波乱の生涯を送った高僧である 同じ美濃の国武儀郡で生まれ、美濃の臨済宗妙心寺派の清泰寺で僧となった先輩でもある、仙厓和尚(せんがいおしょう)の教え...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました