夏至の月日、近年の年度別表 春夏秋冬の二十四節気 にじゅうしせっき一覧

サイトマップ葉っぱの利用・雑記
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本では、日照時間がもっとも長い日、太陽が明るさが一年で最も長い日が“夏至”です。

夏至とは季節の四季のほか、二十四節気 (にじゅうしせっき)一年を24分割して表す、第10番目に当たる(下表参照)。

北半球ではこの日が一年のうちで最も昼の時間が長い。南半球では、北半球の夏至の日に最も昼の時間が短くなる。
夏至は毎年6月21日ごろですが、6月21日に定まっているわけではありません。年によって前後します。夏至の月日、近年の年度別表(下表を参照)

夏至の日の出、日の入り、初めて知る海外の風習!貴方らしい夏至の夜の素敵な過し方。

出典:THE NORTH ISLAND

スポンサーリンク

夏至の月日、近年の年度別表

西暦和暦日本
2019年令和1年6月22日
2020年令和2年6月21日
2021年令和3年6月21日
2022年令和4年6月21日
2023年令和5年6月21日
2024年令和6年6月21日
2025年令和7年6月21日
2026年令和8年6月21日
2027年令和9年6月21日
2028年令和10年6月21日
2029年令和11年6月21日
2030年令和12年6月21日

二十四節気 にじゅうしせっき

1年を太陽の動きに合わせて 24の気に分けた昔の分類

立春雨水啓蟄春分清明穀雨
りっしゅんうすいけいちつしゅんぶんせいめいごくう
立夏小満芒種夏至小暑大暑
りっかしょうまんぼうしゅげししょうしょたいしょ
立秋処暑白露秋分寒露霜降
りっしゅうしょしょはくろしゅうぶんかんろそうこう
立冬小雪大雪冬至小寒大寒
りっとうしょうせつたいせつとうじしょうかんだいかん

出典 コトバンク経由: ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典