サルトリイバラ葉で包むおやつ

スポンサーリンク
サルトリイバラ葉で包むおやつ

茗荷の葉っぱ・サルトリイバラの葉っぱで郷土食を包む団子や饅頭

郷土で生まれ育ち伝承されてきた「葉」の利用「包む葉っぱ」と「食べる葉っぱ」 植物の葉っぱは、先人の知恵によって、包む以外にも多く利用されています。ヨモギを利用した草餅に代表されるように、野菜として栽培されている以外の生活圏に生えている草木...続きを読む
2020.01.20
近畿の葉っぱで包むおやつ

「ぼんがらもち」葉っぱで包む郷土おやつ・滋賀県彦根・近江・多賀

ぼんがらもち 滋賀県湖東に根付く郷土食 滋賀県湖東に鎮座する多賀大社7月1日に「お田植祭」が催しされる。この日の郷土おやつが「ぼんがらもち」あるいは「がらたてもち」「がんだてもち」と呼ばれ、サルトリイバラの葉っぱで包んで蒸したお餅。 ...続きを読む
2020.01.19
九州の葉っぱで包むおやつ

「がめの葉もち」葉っぱで包む九州筑前のだんご

「がめの葉もち」がめの葉で包む福岡県のお餅 「がめの葉餅」サルトリイバラの葉っぱで包む福岡県のお餅 九州北部周辺、「大好物です」とおっしゃる方も多い郷土料理、鶏肉と根菜類の炒め煮の「がめ煮」とか「筑前煮」で知られた地域。 がめの葉餅は...続きを読む
2020.01.19
近畿の葉っぱで包むおやつ

いばら饅頭 伊勢 志摩 松阪 郷土のおやつ

三重県伊勢志摩半島の郷土食「いばら饅頭」 2016年、G7伊勢志摩サミットが行われた開催地としても有名になりました、当地は風光明媚な伊勢志摩半島とともに、伊勢神宮が超有名です。生涯一度は訪れてみたい場所ですね。 その半島の伊勢志摩、...続きを読む
2020.01.21
サルトリイバラ葉で包むおやつ

かからん団子(だんご) 鹿児島県薩摩と大隅両半島・種子島・屋久島

「かからん団子(だんご)」の「かからん」とは 鹿児島県の方言で「サルトリイバラ」の葉を「かからん」の葉っぱと呼ばれている。 「かからん」の語源は、「関わらない」「かかわらん」が変化したようです。手で触るとトゲが刺さるから「さわらないよう...続きを読む
2020.01.20
サルトリイバラ葉で包むおやつ

サルトリイバラの葉で包む 饅頭・お餅・おやつ

サルトリイバラ(猿捕茨・別名:山帰来/さんきらい)の葉を使って包む、饅頭・お餅・だんご類の呼び名と食域 サルトリイバラの葉っぱを利用した、まんじゅうとかお餅、あるいは団子などの多くは関東以西の西日本全体でこの葉っぱ「サルトリイバラ」を使っ...続きを読む
2020.01.20
スポンサーリンク