サルトリイバラの葉っぱで包む「お餅」「団子」「まんじゅう」草餅 よもぎ餅など九州地方の郷土食おやつ

サルトリイバラ葉で包むおやつ
この記事は約4分で読めます。



サルトリイバラの葉っぱ団子おもちなどを包んだ葉っぱでもある。ふる里のおばあちゃんの作ってくれた草餅よもぎ餅など懐かしい「おふくろの味、ばあちゃんの味」である草餅など「郷土のおやつ」でもある。

サルトリイバラの葉っぱで包み、皮によもぎを練り込んだ草餅とか中に包む具材も地域によって色いろ。

代表格の小豆あん、エンドウ豆類のうぐいす餡、サツマイモ(「からいも」とも呼ぶ)などあり、「お餅」「団子」「まんじゅう」は、各地方によってその呼び名も違うようです。調べてみると、とても興味深く一度は食べたいものばかりです。

スポンサーリンク



サルトリイバラの葉っぱで包んだおやつ九州地方の呼び名

 

鹿児島県のサルトリイバラの葉っぱで包んだおやつの名前

呼び名は「かからんだんご」(所により「まき」とも呼ぶ)

生地は小豆粉(あずきのこな・さらし餡)を練り込むものとか蓬(ヨモギ)を練り込む草餅など家庭ごと、地域ごとに違いがあるようです。

中味の具材は「餡(あん)は入れない

地域は鹿児島県薩摩半島大隅半島の中南部・種子島・屋久島

かからんだんごの作り方 こちら

主な生地・皮の粉類はもち粉である。

もち粉とは本来のお餅やお赤飯などに用いる「もち米」が原料の元。

もち米を洗い、乾燥させてから粉にしたもの「白玉粉」よりキメが粗い粉

そのほかの用途は、

  • 求肥(ぎゅうひ)
  • 団子
  • ういろう
  • 草餅
・求肥は和菓子の材料のひとつで、白玉粉または餅粉に砂糖や水飴を加えて練りあげたもの。
【ういろう(外郎)】は蒸し菓子で和菓子の一種。昨今では、全国各地の和菓子屋さんに「ういろう」は販売されている。ういろう(外郎)特集こちら(製作中)
原材料の違う山口県の「山口外郎」は、わらび粉を主原料として小豆餡、小麦粉、糖などを練合わせ蒸しあげた素朴で深い味わいが特徴。山口外郎は日本に朝鮮百済の王の子・太子が渡来、日本に帰化した「大内氏」で外郎を大内御堀の福田屋で創り広めたとされている。

 

福岡県のサルトリイバラの葉っぱで包んだおやつの名前

呼び名は「がめの葉もち

生地は「上新粉・白玉粉

中味の具材は「小豆あん

地域は福岡県主に筑前地方、現在の福岡県中北部あたりでしょうか。筑前煮でも有名なエリア。

宮崎県のサルトリイバラの葉っぱで包んだおやつの名前

呼び名は「かからんだご」「かしわもち

生地は「もち米粉」に「さらし餡」を入れ練り上げる

中味の具材は「なし」

地域は宮崎県南部山沿い地方・平野部地方

九州南部に位置する宮崎県南部と鹿児島県は近接エリアであることから、人の行き来があり、季節の移り変わりや祭りごとが類似しているのかもしれません。詳しくは調査中レベルですが。

熊本県のサルトリイバラの葉っぱで包んだおやつの名前

呼び名は「いげの葉だご

生地は「もち米粉」単独もあれば、「サツマイモ・からいも」を練り込んで混合のモチモチ肌に。

中味の具材は「小豆あん」や「サツマイモ・からいも」などを各家庭で昔は作られていた。

作り方の詳細は不確かですのでの記事に入れておりません。

サツマイモを小麦粉や白玉粉あるいはもち粉とともに、生地に練り込む家庭や、蒸したサツマイモをつぶして餡にするなど昔、米の収穫量が少なくまた、米は貴重品でコメに代わる麦、いも類、豆類などの代替品を主食にしている家庭が多かった。その時代の地域食文化、暮らし向きによる知恵で材料に工夫が施され「だご」と呼ぶ団子や餅であったようだ。サツマイモなど芋類の活用は九州全域に見られるようです。薩摩では「からいも」と呼び、国の公的な農産物呼称では「甘蔗(かんしょ)」とされているようです。

日本各地の「サルトリイバラの葉っぱ」で包んだおやつ

葉で包むおやつの呼び名中身・具・あん郷土・食域・発祥地主な粉類
かからんだんご餡なし/小豆粉とかヨモギを生地に練り込み鹿児島 薩摩・大隅

中南部・種子島・屋久島

もち粉
いばらまんじゅう小豆あん三重県伊勢・志摩・松阪小麦粉・上新粉
がんたち餅小豆あん三重県 北勢/員弁(いなべ)関ケ原小麦粉
がめの葉もち小豆あん福岡県主に筑前地方上新粉・白玉粉
がらたてもちそらまめあん滋賀県 彦根・近江・長浜・湖北小麦粉・米粉
ぼんがらもちそらまめあん滋賀県 近江・多賀小麦粉・米粉
さんきらだんご小豆あん京都府宇治・京田辺だんご粉・もち粉
しば餅小豆あん岡山県薄力粉・上新粉
しば餅小豆あん広島県もち粉
しば餅小豆あん香川県だんご粉・小麦粉
ばら餅小豆あん徳島県上新粉・小麦粉