いばら饅頭 伊勢 志摩 松阪 郷土のおやつ

がめの葉まんじゅう・いばらまんじゅう・かからんだんご サルトリイバラ葉で包むおやつ
広告

がめの葉まんじゅう・いばらまんじゅう・かからんだんご

三重県伊勢志摩半島の郷土食「いばら饅頭」

2016年、G7伊勢志摩サミットの開催でも有名になった、風光明媚な伊勢志摩半島には伊勢神宮が超有名です。生涯一度は訪れてみたい場所ですね。その半島の伊勢志摩、松阪にもサルトリイバラの葉っぱを利用した伝統食が存在していたようですが、昨今各家庭で「いばら饅頭」を作ることを止めてしまったのでしょうか?
家庭の味紹介などネットでも見かけません。

いばら饅頭 伊勢 志摩 松阪 郷土の味・郷土のおやつ

作り方を知りたかったのですが、ネットで見つけられなかった。
なので、クックパッドで紹介しているものを参考にご紹介します。

いばら饅頭のレシピ

材料 (10個分くらい)

  • あんこ200gくらい
  • 薄力粉1カップ
  • 砂糖大さじ2
  • 塩少々
  • 熱湯100ccくらい
  • いばらのはっぱ24枚
  • 片栗粉 適量

作り方

  1. あんこは、20gづつくらいをまるめておく。
    ボウルに薄力粉、砂糖、塩を入れ、熱湯を耳たぶくらいの固さになるようにこねる。
  2. 耳たぶくらいの固さになったら、10等分ににして平たくする。
    中央にあんこをのせて包む。
    蒸し器に湯を沸かしておく。
  3. 葉っぱの付く面に片栗粉を少々つけて、葉っぱではさむ。蒸し器で7分くらい蒸して、出来上がり!
    写真の葉っぱは大きかったので一枚です。

ポイント
熱湯は熱いから、初めは箸などでまぜてもいいかも。あと、粉の真ん中にくぼみをつくってそこに熱湯を入れて混ぜていくとそんなに熱くないよ。
片栗粉をつけないと、冷めたときに葉っぱが剥がれないです
※出典:しずピヨ様 葉っぱはタダ!いばらまんじゅう

※画像出典:いばら饅頭:NABU3sLOGと野上がり饅頭: お茶農家の嫁のブログ ~より

サルトリイバラ(猿捕茨・別名:山帰来/さんきらい)の葉を使って包む、饅頭・お餅・だんご類の呼び名と食域

がめの葉まんじゅう・いばらまんじゅう・かからんだんご

No 呼び名(俗称) 包む葉っぱの種類 中身・具・あん 郷土・食域・発祥地 主な粉類
1 かからんだんご 山帰来(さんきらい) 餡なし/小豆粉とかヨモギを生地に練り込み 鹿児島県薩摩・大隅両半島中南部・種子島・屋久島 もち粉
2 いばらまんじゅう 山帰来(さんきらい) 小豆あん 三重県伊勢・志摩・松阪 小麦粉・上新粉
3 がんたち餅 山帰来(さんきらい) 小豆あん 三重県伊勢・北勢 小麦粉
4 がめの葉もち 山帰来(さんきらい) 小豆あん 福岡県主に筑前地方 上新粉・白玉粉
5 がらたてもち 山帰来(さんきらい) そらまめあん 滋賀県彦根・近江・湖北 小麦粉・米粉
6 ぼんがらもち 山帰来(さんきらい) そらまめあん 滋賀県近江・多賀 小麦粉・米粉
7 さんきらだんご 山帰来(さんきらい) 小豆あん 京都府宇治・京田辺 だんご粉・もち粉
8 しばもち 山帰来(さんきらい) 小豆あん 岡山県 薄力粉・上新粉
9 しばもち 山帰来(さんきらい) 小豆あん 広島県 もち粉
10 しば餅 山帰来(さんきらい) 小豆あん 香川県 だんご粉・小麦粉

コメント